LIVE(リブ)引越しセンターを使ってみた感想。要らない家財と家財に傷が……。

引越し

 

 

都合で急ぎで引越しすることになり、急ぎだったのでいつもは安心できる大手に引越しを頼んでいたのだがどこも埋まっており、中小の引越し業者を探すことになった。

中小の引越し業者は名前は挙げられないが家財を壊す業者や、御社に決めますと言って電話を切った次の電話で「距離を確認しておりませんでした!この距離ではプラス三万円になります!」……など、これだから中小の引越し業者は……ということが目立った。

その中でLIVE(リブ)引越しセンター。聞いたことない引越し業者だった。

この業者は引越し2週間前に見積もりをした。

まあまあの安さだったが聞いたことない&他の業者のほうが安かったので一旦は他の業者に決めたが上記の通りプラス三万円されるとのことで引越し3日前にキャンセル(幸いキャンセル代はかからなかった)し、LIVE引っ越しセンターに決めた。

引越し3日前で急ぎで電話かけたのにもかかわらず引越し業者側で予定が空いておりラッキーだと思ったし、値段も変わるのかな、と思いきや2週間前の見積もり金額で出してくれた。

2週間前に見積もりしといたのもあるかもしれないが、引越し業者は急ぎとなるとぼったくり金額を出してくるので注意なのだが、その点は良心的だった。

段ボールも自前のものがあったので用意していた。

県外で3万円台。2万円台のところもあったがまあまあ安い方だろう。

電話ではウォーターサーバーの契約がしつこかった。

ウォーターサーバーを契約すると2万5千円くらい安くなるがなんやかんやで維持費やらお金もかかるし何よりそんなに必要としてなかったので断った。

ウォーターサーバーが元から欲しかった人なら良いサービスかもしれない。

要らない人は本当に要らないけど。

荷物の量を伝え、引越し当日。

(見積もり訪問はなかった)

引越し当日。作業員が割と大きな声でポロっと言った言葉にひっかかった。

引越し当日。依頼の時間より半日早く到着。キャンセルでも入ったのだろうか(いや、知らないけど)、時間フリープランだったのだが昼頃に作業員は来た。早くてラッキーだ。

家に来た作業員は二人。マンションの下に降りた時居た真冬に上半身裸の作業員ともう少しくらいいるらしい。(帰りにお茶を渡すための人数確認のため聞いた)

この荷物は持っていきません。ここからここまでが持っていく荷物です、と教え家を出ようとしたところ段ボールを運ぶ作業員がふと、割と大きな声でポロっと一言。

「あれ?荷物多くね?」

……そうかな?確かに一人分の荷物としては多いけど……。

でっかい独り言だなあと思いつつそのまま家を出ることにした。

引越し後

段ボールの量もあっているので解散してもらった。

……だが家財が二つ多い。

「これ、家に置いてくるものだったんですが……。」

「あっそうだったんですかー!すみません、通りで!」

……通りで!ってちゃんと言いましたが……。

しかもその一日後他の家財が傷ついているのを確認しました。

電話かけようとしたがもう要らない家財もあるし他の家財は傷ついてるしぐだぐだで電話をかけませんでした。

引越し一か月後

大手の引越し業者なら三日後くらいにご利用のアンケートの電話、もしくははがきが届くのですがLIVE引っ越しセンターは一か月後にフリーダイヤルの電話番号から電話がかかってきて電話の対応、作業員の態度などのアンケートをとられました。

家財が傷つけられたことを伝えると手慣れてない感じで「申し訳ございません、作業員に伝えておきます」と言われました。

正直一か月前の引越し内容なんて覚えてないだろうしただのアルバイトだろうし……ねぇ。という感じだったのですがそうですかと言って電話を切りました。

家財の損害賠償の話はLIVE引っ越しセンター側からも伝えてはきませんでした。

要らない家具を持ってこられたことはもうその時はどうでもよくなっていました(処分したから)。

LIVE(リブ)引越しセンターを使ってみた感想

良い点

  • まあまあ安い(まあまあ、と書いたのは他の業者の方が安かったため)
  • 引越しする日にちが一週間切ってても予約をとれる(大手では中々できないこと。中小の引越し業者ならではの良い点)

悪い点

  • ウォーターサーバーなど契約が割としつこい(断りづらい人は大変かも)
  • 家財を傷つけられることもある
  • 置いてきてほしい家財を持ってこられることもある

まとめ

大切な家具がある方はLIVE引っ越しセンターに限らず大手の引越し業者に依頼するといいでしょう。

やはり、大手は安心感があります。

欠点は高いだけです。家財を買いなおしたりするよりかは安いもんです。

コメント